マイクロソフトのオフィス2010を3000円台で購入する裏ワザ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マイクロソフトオフィス2010と言えば、エクセルやワードなど家庭でも使えるソフトが入ってる優れもの。
しかし、エクセルとかワードなどは単品で購入しても1万円以上する高価なシロモノ。
新しいパソコンにしてから買うことができず、オープンオフィスなどの無料のソフトまたは格安ソフトで我慢しているという状況でした。

無料や格安のものでは、あのサクサクした使用感が実感できないのです><

しかし、この度、マイクロソフトオフィス2010のホームエディションという、
エクセルもワードもパワーポイントもアウトルックエクスプレスも入った、
製品版を、3000円台で購入したのです。

その裏ワザとは?

マイクロソフトのオフィス2010のホームエディションは普通に買えば4万円くらいします。
アマゾンで格安になっていても2万5千円くらいです。
オフィス2010

それが、破格の3000円台で購入できた裏ワザは、「並行輸入品」だったからです。
3780円で購入しましたが、3000円でも販売されていました。

オフィス2010激安

中国製なので何となく怪しさを感じましたが、アマゾンのレビューで、「実際に使えた」という声が多く、
日本語バージョンにする方法など具体的に書かれていたので、即決。

製品が届いた後、無事設定を完了しました。

設定方法は、
まず、試用版のオフィス2010を入手。
「オフィス2010」で検索。
または⇒こちらからダウンロードします。

http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2010/trial/default.aspx

製品が届いたら、Office2010 バックアップ。
「Office2010 バックアップ」で検索。
または、こちらからダウンロードします。

http://office.microsoft.com/ja-jp/products/FX101828860.aspx

届いた製品に記載されているプロダクトキーを入れてダウンロードします。

その時、英語版をダウンロードするのが鍵です。
英語版でダウンロードする方法はこちらのページのお世話になりました。

http://koyiwa5325.blogspot.jp/2011/12/office-2010.html

無事インストール完成した後、オフィス2010を起動。
認証方法は、はウェブサイトと電話の2つがあるのですが、
ウェブサイトでの認証はできないようなので、電話で行います。

スポンサーリンク

電話での認証は日本語の案内で行われ、電話で操作します。
起動しているオフィス2010に表示された、6ケタの数字、8カ所分を電話の番号で入力した後、
今度は電話で案内された6ケタの数字を、起動しているオフィス2010の空欄8カ所にそれぞれ記入します。
電話での認証は10分弱かかりました。

認証後は、無事日本語版で使えました。


Microsoft Office2010 Home&Student 日本語対応『並行輸入品』【プロダクトキー】

★お金の管理・貯蓄の知恵の宝庫です★→ブログ村 家計管理・貯蓄
★株式投資などお金を増やす方法の参考にしています★→にほんブログ村 株ブログ
★役に立つブログがいっぱいあります★→家計管理ランキング♪

★苦手な家事のお手本!★→にほんブログ村 主婦日記ブログ
★節約術、貯金術、家事とお手本の家計簿など★
トラコミュ 主婦のつぶやき&節約&家事etc...
トラコミュ 真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

お役に立ちましたらSNSで拡散させて下さい!
ブログを書く励みになります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



ツイッターでフォローしてお金と心と一緒に戯れましょう♪

いち早くお得で楽しい情報をゲット♪

★マネーリテラシーを上げて、お金を自由に使いこなし、一生涯豊かに暮らしませんか?
このブログのご登録をおすすめします★

follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク