本当にお金がない時現金を手に入れる方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本当にお金がない時。

一番手っ取り早いのがキャッシングかもしれませんが、これはおすすめしません。

利息がかかるし、癖になってしまったら多重債務と言う地獄が待っているからです。

お金は稼いだ分だけ使うというのが、社会人のルールです。

しかし、どうしても「お金がない!」という時のために、
すぐに現金を手に入れる方法をまとめてみました。

お金になりそうなものを売る

家にあるものでお金になりそうなものはありませんか?
自分では不用品だと思っていても、案外高く売れる可能性もあります。

本やゲームもお金に換えられますので、読まない本や使わなくなったゲームはブックオフなどの中古品買取店で買い取ってもらいましょう。

ネットオークションを利用する手もあります。

生命保険の契約者貸付を受ける

生命保険に加入している場合、「契約者貸付」というものを受けることができます。

「契約者貸付」は、契約している生命保険会社のウェブサイトから申し込むことができます。

午後4時くらいまでに申込むと翌日指定した振込口座に振り込まれます。

貸付金の金利は、年利数パーセント。
返済期限はありません。

返金するのが望ましいですが、返金しなくても、保険の解約時や満期時、支払い時に貸付金分が差し引かれて戻ります。

社会福祉協議会の生活福祉資金

短期的、一時的に困っている場合、社会福祉協議会の生活福祉資金を利用することも可能です。

社会福祉協議会の生活福祉資金は、低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯を対象に貸付を行うもので、原則、連帯保証人が必要。

しかし、連帯保証人ナシで申し込みができるような制度もあります。

連帯保証人を立てた場合は無利子、立てない場合は年利1.5%での借入を受けることができます。

窓口は、各市町村にある社会福祉協議会。

ココで相談を行った後、申込となります。

主に、
・ 生活費の貸付
・ 教育資金の貸付
・ 不動産を担保とした長期的生活支援目的の貸付

を行なっています。

平成21年より、「臨時特例つなぎ資金」という制度も導入されました。

これは、失業保険などを申請中の住宅のない離職者に対して、公的資金を受けられるまでの間、生活費の貸し付けが受けられる制度です。

金額は10万円以内、連帯保証人は不要、無利子です。

「臨時特例つなぎ資金」の申込には、ハローワークや福祉事務所で公的給付金の申込をしていること、本人名義の金融機関口座を持っていることが必要条件となります。

スポンサーリンク

日払いのアルバイトをする

日払いで払ってくれるアルバイトをする方法もあります。

仕事が始まるまで、面接⇒採用⇒仕事開始
と、多少時間がかかるのが難点ですが、映画やテレビのエキストラのバイトや、テレビ局やイベントの裏方の仕事など短期で入る仕事も多く、登録していると、お金がない時にチャチャット仕事をして日払いでお金を受け取ることができるので、助かります。

履歴書・面接不要で手間いらず!短期アルバイトできます!【おてつだいネットワークス】

裏ワザ編

返金可能の商品をクレジットカードで支払って返品して現金を受け取る

コレは、他人に迷惑がかかるので本当はやって欲しくないのですが、、、
どうしても困った時に、人生で一度だけ使ってみてもばちは当たらないと思います。。

具体的なやり方は、ネットショップなどで、返品可能で返金してくれるものをクレジットカード払いで購入します。
手元に商品が届いたら返品。返金は現金でやってもらいます。

クレジットカードの支払いはしなくてはいけないので得策ではありませんが、すぐに現金が必要な場合に使える手です。

★お金の管理・貯蓄の知恵の宝庫です★→ブログ村 家計管理・貯蓄
★株式投資などお金を増やす方法の参考にしています★→にほんブログ村 株ブログ
★役に立つブログがいっぱいあります★→家計管理ランキング♪

★苦手な家事のお手本!★→にほんブログ村 主婦日記ブログ
★節約術、貯金術、家事とお手本の家計簿など★
トラコミュ 主婦のつぶやき&節約&家事etc...
トラコミュ 真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

お役に立ちましたらSNSで拡散させて下さい!
ブログを書く励みになります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



ツイッターでフォローしてお金と心と一緒に戯れましょう♪

いち早くお得で楽しい情報をゲット♪

★マネーリテラシーを上げて、お金を自由に使いこなし、一生涯豊かに暮らしませんか?
このブログのご登録をおすすめします★

follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク