授業参観の感想は、子育てはまるでバックトゥザフューチャーだと思いました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

授業参観 感想

先日は、うちの子の小学5年生最後の授業参観。

「お母さん忙しいなら来なくても良いよ」という子どもに、「忙しくとも絶対行くからね」と言った手前、頑張って参加してきました。

学校に到着した時間はもう授業が始まっていました。廊下をそそくさと歩いて、子どものクラスの方に向かっていたら、あわてた様子のお父さんとすれ違いました。

学校に入るには、父兄の名前を記載した名札を首からぶら下げないといけません。

そのあわてた様子のお父さんの名字を見てびっくり。

子どもがよく、家で話題にする子と同じ名字。珍しい名字だから多分、その子のお父さんなのでしょう。

その子も一人っ子。自分よりお友達との付き合いが上手じゃないその子に対して、うちの子は彼女に優越感を持っている様子。
それで彼女の話題がちょくちょく出てきます。

すれ違ったお父さんを見た感じだと、お父さんも一生懸命子育てやっているような雰囲気。

親はみんな頑張っていらっしゃいます。平日の参観日なのに父兄の出席率は高かったですね。

授業は算数。円周率を出す計算を一生懸命やっていました。

去年の今頃は確か、「二分の一成人式」とかいうやつやっていました。

子どもたちは、将来の夢などを作文にして、一人一人発表していました。

うちの子の夢は「歌手」だったけかな?

小学校のうちは、夢は大きく果てしなく。大きく羽ばたいて欲しいですね。

初めての授業参観

思えば初めての参観日が確か保育園の時。3歳くらいでした。

お母さんたちがいっぱい見ている中、小さい子たちの中に混じってうちの子も一生懸命お遊戯を踊っていました。

一つ一つのしぐさが本当にかわいくて、かわいくて。どの子もみんなけなげでしたね。

私はビデオカメラを回して子どもの姿を追いかけていました。

お遊戯が終わったら、子どもが「まま~」と私めがけて走ってきて、ビデオにはしっかりその最後のシーンまで写っています。

黄色のアンパンマンのトレーナーに黒のズボンをはいたちびっ子の頃のうちの子。かわいかったなぁ。

あれから8年。あっという間だったけど、もの凄く昔のような感じがします。

その時のお遊戯が「トロルの話?」だったと思いましたが、今では円周率ですよ。子どもはしっかり進化と成長をしています。

小5のクラスの雰囲気

クラスの女子たちの表情は、もう子どもから卒業して、少女という感じ。
男子はまだ子どもっぽいところがありますね。女子の方が断然大人でした。

担任は、教師歴2年目の25歳の女性の先生。家庭訪問で初めてお会いした時、リクルートスーツみたいなのを着ていたから、就活生?と見間違えてしまいました。

だけどしっかりしてますね。他の新人の先生のクラスは学級崩壊になってしまい、教頭先生が授業をしているそうです。児童になめられちゃったのかもしれません。

スポンサーリンク

その点、うちの子の担任の先生は凄いですね。
運動会の時なんかは、うちの子のクラスの担任の指導で、5年生は例年、ソーラン節を踊らされていたようなのですが、今年は、ジェイソーブラザーズ?とか言う、EXILEの弟分のグループの「りゅうせい」とかいうのを踊っていました。

運動場がコンサート会場みたいになって、何だか凄い衝撃を受けましたね。

公立の小学校でも斬新なことできるんだ、やっていいんだって。

授業参観の帰り道

帰り際に、先日、お金を盗まれたかもしれない女の子とそのお母さんらしき女性にばったり会いました。

ショック。。。遊びに来た子どもの友達にお金を盗まれました
ショックです。 子どもの友達(小5女子)からお金を盗まれたかもしれません。 昨日、子どもが、学研のバックを持ってきて言い...

私は子どもに「SIちゃんのお母さん?」「挨拶しようか?」と言うと、子どもは「いいよ」と。

私が「どうしよう、お金のこと話してしまうかもしれない」と言ったら、子どもが「止めとけば」と言いました。

子どもの方が妙に冷静。

もうどうでも良いですね、先日の話は。

授業参観から親への感謝

大人になりかけている、難しい時期の子どもを育てるお母さんとお父さん。私は転校してきたからほとんどの人を知りませんが、同じ学年の子どもを育てているから何となく同士という感覚を持ちました。

子どもがどんどんでかくなって、偉そうになって、お金もかかってきて、精神的にも大人になってきて、親の弱みとかも見抜かれて、それでも親だから気を張る。

うちの両親もそうだったんだな、あれだけ生意気な子どもに、よく耐えてお金を出したり色んな援助をしてくれていたな。心配かけたなと両親のその苦労に改めて気づかされました。

子育てと親への気持ち

子育てしていると、自分の小さい頃を見せられていると思うことがあります。子どもはかつての自分の姿かも?といつも思っています。そして親になった私は、当時の親の気持ちを体験しています。

不思議なものですね、子育てって。子どもを育てているようで、かつての自分を客観的に見て、当時の親の気持ちを体験する。

自分育てでもあり、親への感謝を思い出させてくれる実に不思議な巡り。タイムマシンーなんてなくても、みんな子育てしながらバックトゥザフューチャーやっちゃってますね!

★お金の管理・貯蓄の知恵の宝庫です★→ブログ村 家計管理・貯蓄
★株式投資などお金を増やす方法の参考にしています★→にほんブログ村 株ブログ
★役に立つブログがいっぱいあります★→家計管理ランキング♪

★苦手な家事のお手本!★→にほんブログ村 主婦日記ブログ
★節約術、貯金術、家事とお手本の家計簿など★
トラコミュ 主婦のつぶやき&節約&家事etc...
トラコミュ 真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

お役に立ちましたらSNSで拡散させて下さい!
ブログを書く励みになります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



ツイッターでフォローしてお金と心と一緒に戯れましょう♪

いち早くお得で楽しい情報をゲット♪

★マネーリテラシーを上げて、お金を自由に使いこなし、一生涯豊かに暮らしませんか?
このブログのご登録をおすすめします★

follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク