なぜ「本当にお金が増える投資信託はこの10本です」は、批判されるのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

週末のNY市場の暴落で、今日の日本の株式市場も下がる一方。

私の証券口座で株式投資しているお金も、サーって潮が引くようにお金が減っていました。

その中でも、「ひふみ投信」はプラスを維持。
アクティブ投資の強さを見せつけられた日となりました。

そんなアクティブ投資を紹介している「本当にお金が増える投資信託はこの10本です」という本ですが、やたらと批判コメントが多かったので、なぜこれほど批判されるのかについてを考察します。

「本当にお金が増える投資信託はこの10本です」はどうなの?

この本は、「投資信託はこの9本から選びなさい」というセゾン投信の中野社長の本の対抗馬として登場したものだと推測されます。
中野社長の本は、インデックスファンド(インデックス投信)の購入を推奨し、紹介されている9本は全てインデックスファンド。

そのため「本当にお金が増える投資信託はこの10本です」で紹介されているファンドは全てアクティブファンドになっています。

インデックスファンドとアクティブファンドの違い

インデックスファンドは、株価指数や債券指数などと同じような動きをします。なぜなら、組み入れられている株式や債券が同じ構成になっているからです。
銘柄の選択をする必要も無いので、管理や運用はコンピューターが行うためコストが安くなります。

アクティブファンドは、ファンドマネージャーが銘柄を選んで運用するためコスト高になります。また、ファンドマネージャーの手腕や運用方針が成績にそのまま跳ね返ってきます。

長期的に見たら、インデックスファンドの方がアクティブファンドよりも成績が良いというデータがあるようです。しかし、そのデータはアメリカのもので日本では少し違ってきます。

なぜなら、インデックスファンドに組み入れられている銘柄が一部上場企業のもので、日本の場合は成長が鈍化しているものが多く含まれているからです。

アメリカは、アップルやアマゾン、アルファベット(Google)、Facebookなど成長している企業の株価がインデックスファンドに組み込まれているため、放っておいても上昇していきます。

日本を代表するトヨタやNTTなどとは比べものになりませんよね。

なので日本では、インデックスファンドよりもアクティブファンドの方がお金を運用するならば魅力的です。

しかし、元々日本ではファンドは証券会社の手数料稼ぎのために存在していたため、多くのアクティブファンドは期待されるような成績を残していません。

数千あるアクティブファンドのうち、運用成績の良いをピックアップして紹介しているのが「本当にお金が増える投資信託はこの10本です」。

スポンサーリンク

紹介されている10本のファンド

この本で紹介されているファンドは、下記の通りです。

①DIAM国内株オープン
②iTrust日本株式
③ニッセイ健康応援ファンド
④三井住友・配当フォーカスオープン
⑤JーStockアクティブ・オープン
⑥ラッセル・インベストメント外国株式ファンド
⑦セゾン資産形成の達人ファンド
⑧エマージング・ソブリン・オープン(資産成長型)
⑨投資のソムリエ
⑩AMC/

アマゾンの批判コメント

結局、著者の立場として「証券会社が儲かる、信託報酬の高いアクティブファンド」の薦め本に過ぎない。

絶対におすすめしません。私がいい例です。資金を銀行の導くままに投資したところ百万単位の損失が出ています。こんな本と、銀行員は信用しないで下さい。自己責任ですから黙っていますが、金返せと言うのが本音です。

こんなコメントがゴロゴロありました。

アクティブファンド(アクティブ投信)の魅力とは?

手数料稼ぎで存在しているアクティブファンドは論外だとして、どのファンドもリターンを上げるためにファンドマネージャーたちが最大限の努力をしています。

「運用成績が良いもの」「損しないもの」という基準だけで選ぶと、損してしまった場合に、アマゾンの批判コメントのような発言やクレームが出たり、「誰だ、儲かるって言ったやつは!!」と悪者を探したり。

イヤな感じになってしまいますよね。

「お金が儲かる」と言う基準も大事ですが、そのファンドを動かしているファンドマネージャーたちの運用方針や考え方は、物凄く重要です。

彼らの考え方に賛同してお金を託しているのであれば、期待していたほどのリターンが出なくとも文句は言えないと思うのです。

お互いの責任ですから。

なので、ファンドマネージャーの情報はつねにウォッチしていく必要もあります。

本当にお金が増えた投資信託2本とETF

私の場合は、積極的に情報発信して、投資に対する考え方を良い意味で壊してくれた、ひふみ投信の藤野社長には感謝しております。

ひふみ投信でコツコツ積立投資した運用レポート。いくらから始めて評価金額はどうなっているか?
ひふみ投信を始めてからこれまで毎月評価額の記録をつけていました。 元々「正しい家計管理」の本で、「財産目録というノートを1冊用意して、...

結果的に、儲かっているのが嬉しい。

また、積立投資を推し進めてくれたセゾン投信の中野社長にも大変感謝しております。

セゾン投信は、「セゾン資産形成の達人」と「セゾンバンガードグローバルバランス」どちらが良いのか?
積立投資をセゾン投信で始めようとしてパンフレットを取り寄せたとき。一番悩んだのは、「セゾン資産形成の達人」か「セゾンバンガードグローバルバラ...

更に、世界経済の指数に連動するロボアドバイザーを日本で立ち上げたウェルスナビにも感謝しております。

​教育資金をウェルスナビで運用開始、実績を公開しちゃいます。
「教育費を安全に増やしたい!!」 一念発起して、ゆうちょ銀行にプールしてあった子どもの教育資金をウェルナビで運用開始しました。 ...

まとめ

投資信託(ファンド)は、単純に「お金が増えるもの」だけで判断すると損したときに、「チェッ」っと思うので、それだけで購入するのはやめましょう。

お金を託している会社のファンドマネージャーたちの考え方や運用方針を調べて、賛同するようならばお金を預けてみましょう。

自己責任ですからね。

★お金の管理・貯蓄の知恵の宝庫です★→ブログ村 家計管理・貯蓄
★株式投資などお金を増やす方法の参考にしています★→にほんブログ村 株ブログ
★役に立つブログがいっぱいあります★→家計管理ランキング♪

★苦手な家事のお手本!★→にほんブログ村 主婦日記ブログ
★節約術、貯金術、家事とお手本の家計簿など★
トラコミュ 主婦のつぶやき&節約&家事etc...
トラコミュ 真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇


お役に立ちましたか?
良かったら「いいね」してね(^^♪

関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

お役に立ちましたらSNSでシェアしていただけると泣いて喜びます。
また、ブログを更新する励みになります♪

シェアする

フォローする



ツイッターでフォローしてお金と心と一緒に戯れましょう♪

いち早くお得で楽しい情報をゲット♪

★マネーリテラシーを上げて、お金を自由に使いこなし、一生涯豊かに暮らしませんか?
このブログのご登録をおすすめします★

follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク