貧富の差の原因と豊かに生きる術を教えてくれる、メガバンク管理職だった著者が気づいた「お金と宇宙の不思議な法則」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

貧富の差の原因

スピリチュアル系の本のタイトルにある「宇宙の~」

「宇宙の~」と来るとスピリチュアル系の本か?と思ってしまうのですが、この本がそれらの浮かれた本との歴然とした違い。

それは、著者が某メガバンク(都市銀行)の管理職の方が、日々お金を扱う側にいて、お金を扱う側と顧客の裏も表も見てきた、かなり現実的な内容になっています。

よくある「札束をイメージする」という類の引き寄せとも全く違います。

この本質を知るか知らないか、できるかできないかで、人生が変わってくるといっても言い過ぎではないと思いました。

貧富の差が生まれる原因

一億総中流国家と言われた古き良き時代が過ぎ、貧富の差が歴然と表にでるようになった、21世紀の日本。

日々流れるニュースや、経済格差、不景気、国の借金、老後不安。

そしてお金がいくらあっても足りない現実。

今の日本で「貧困」という言葉に、怯えない人は誰もいないでしょう。

貧富の差が生まれる原因は、「見えない仕組み」が存在するせい。

メガバンク時代に、その存在をはっきりと認識できたと語っています。

貧富の差が生まれる原因になる「見えない仕組み」とは?

メガバンク管理職だった僕が気づいた お金と宇宙の不思議な法則」より引用します。

貧富の差が生まれる原因の「見えない仕組み」はピラミット構造になっています。

富めるものと貧しい者を意図的に「作り出す」大きな仕組み。
私たちの住むこの3次元と言う世界にはそんな仕組みがずっと存在しています。
そしてその仕組みが、世界のごく少数の人々によって現実社会を自由自在にコントロールするために構築されたものであると言う事実に、僕は気づきました。

わずかな人たちが世界の経済をコントロールしていると言う事実に気づかれないようにするためにはピラミッド構造をした強固な階層社会を作り上げるのが最適です。

世界をコントロールする人たちはピラミッドの頂点にいるわけですから、そのピラミッドを支える下層の人々に「秩序」を持って働いてもらわなければ困るからです。

そんな下層の人々に働く意欲、生きる意欲を持たせるためには、頑張って階段を1段1段登り、頂上にのぼることができるんだと言う「偽装事実」を見せつけることが大切であると同時に、その のぼると言う努力(=何も考えず必死に働くこと)が人としての美徳であり富を得ることができるのだと言う教えが必要です。

そこに加えるとすれば、自分よりも上の階層にいる人々が何を考え、どんな策略を練っているのかを消してわからないわからせない構造も、ピラミッドの頂上にいる人々には必要です。

これこそまさに「まだ全然足りない」「もっともっと」と言う強欲意識を乱す元凶であり、もっと上へ上へと頂点を目指そうとするヒエラルキーの仕組みを利用した、飢餓感を満たそうとする執着(エゴ)を生み出しているものの正体です

他者と自分との比較、競争、戦ってやる、という歪んだ意識です。

これは物質的な要求と人に認められたい(認知されたい)と言う精神的な欲求を満たすために最適な仕組みなのです。

参考:メガバンク管理職だった僕が気づいた お金と宇宙の不思議な法則

スポンサーリンク

この「見えない仕組み」が、どんなにお金があっても「足りない」という飢餓感を生み出しているようです。

豊かに生きる宇宙の法則とは?

宇宙の法則を知れば、運もツキもお金も尽きることはありません。

この宇宙の法則を2つ上げています。

  • 因果応報の法則(原因と結果の法則)
  • バランスの法則

因果応報の法則(原因と結果の法則)

因果応報の法則(原因と結果の法則)は、自分が発したものが、良し悪しに関係なくすべて自分に返ってくること。

妬みや嫉妬、憎しみ、怒りは、妬みや嫉妬、憎しみで返ってくるし、
感謝は、感謝で返ってくるという誰もが日常体験している法則ですね。

バランスの法則

バランスの法則は、マイナスとプラスでエネルギーが作り出されるということ。

例えば電気は、プラス極、マイナス極だけではエネルギーは発生ませんが、プラス極とマイナス極をつなぎ合わせることで初めてエネルギーが作り出されたりすることですね。

陰と陽、光と影、繁栄と衰退などです。

豊かになる鍵は、「自分を愛せる」かどうか

本に書いてあることの具体的な内容は省きますが、豊かな人生を送るための肝になる部分はこれですね。

「自分自身を生きよう」と決意し、
「今の自分を好きだと思った瞬間から、あなたは変われる」

まとめ

お金は単なる「印刷された紙」であり、つまり「もの」ですが、資本主義社会では、神格化され、人生までもコントロールされるものになってしまいました。

現代は更に巧妙にお金はデジタル化され、数字として小細工されるようになりました。

お金を使って社会に貧富の差を意図的に生んでいるのですね。

貧しいものと富めるものとが二極化され、天国と地獄がこの地球上に出現したのです。

この現状から脱却するためには、作られた「見えない仕組み」に翻弄されず、競争や飢餓感から一刻も早く脱出し、豊かな人生を送ろうと強く思いました。

革命を起こして社会構造を変えるのではなく、一人一人がこの事実に気が付き、意識を変えれば、今ある社会問題のほとんどは解決されるだろうなと思いました。

色々な読み方ができるし、ちょっと回りくどいところもありますが、読んでみて損はない本でした。

メガバンク管理職だった僕が気づいた お金と宇宙の不思議な法則

★お金の管理・貯蓄の知恵の宝庫です★→ブログ村 家計管理・貯蓄
★株式投資などお金を増やす方法の参考にしています★→にほんブログ村 株ブログ
★役に立つブログがいっぱいあります★→家計管理ランキング♪

★苦手な家事のお手本!★→にほんブログ村 主婦日記ブログ
★節約術、貯金術、家事とお手本の家計簿など★
トラコミュ 主婦のつぶやき&節約&家事etc...
トラコミュ 真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

お役に立ちましたらSNSで拡散させて下さい!
ブログを書く励みになります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



ツイッターでフォローしてお金と心と一緒に戯れましょう♪

いち早くお得で楽しい情報をゲット♪

★マネーリテラシーを上げて、お金を自由に使いこなし、一生涯豊かに暮らしませんか?
このブログのご登録をおすすめします★

follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク