貯金がストレスになるくらいなら、額を減らしてみよう!

スポンサーリンク

ここ最近、どうやりくりしてもカツカツの状態になっていました。

固定費が増えたのを見て見ぬふりをしていたのですが、それでも頑張って昨年1年やり通しました。

しかし、やっぱり冷静に考えてみてこんなギリギリの状態では何が楽しくて生活しているのか分からなくなってきました。
悩んだ挙げ句、毎月の貯金額を少し減らすことにしました。

貯金がストレスで、ギスギスしていた

子どもが中学に入学した当たりから、家計が苦しくなってきました。

毎月3万円くらいの塾代は正直、わが家にとっては痛い出費です。

できれば塾など行かずに1人で勉強して欲しい。だけどうちの子の能力と周りの環境、そしてバカな親心の三つどもえで塾はマストな選択になってしまいました。

小学校の時と変わらないお金から、プラス3万円の捻出は正直とても厳しです。この一年、私のモノはほとんど買わず、便利な家電製品も欲しくてもスルーして過ごしてきました。

これほど家計を頑張っても余裕がなく、子どもは塾代をかけても成績は一向に良くならない。信じられないような点数を取ってくる。更に子どもは反抗期で親への感謝もない。

毎日イライラしていました。子どもにも毎日冷たく当たっていました。それで益々親子の間は険悪になり、家の中は、ギスギスした空気が充満していったのでした。

貯金額を維持しようと固定費の削減に苦心した1年

これだけ苦しい思いをしても、貯金額は維持しようと努力していました。切り詰めるだけ切り詰めて、お給料日前は数百円で乗り切ることもありました。

固定費の見直しも何度かして、ギリギリのラインまで削減しました。

削減した中には、お稽古事をやめさせたりもしました。

ピアノの発表会の衣装を2000円台でおさめる、レンタルよりもお得なお買い物
今月末の日曜日、子どものピアノの発表会があります。 前回は、2年ほど前、小学三年生でした。 当時は初めてのピアノの発表会...

あれこれ削って行くうちに、気持ちまで削られていくようでした。

結局貯金を取り崩しているなら、貯金額を減らす決断をする

今月も、お給料が入ってすぐに、出ていくお金を計算してみると、1万円も残っていません。たった1万円未満で来月のお給料日まで3人分の食費を生活費でやりくりするのはもう限界です。

さんざん考えた挙げ句、出した答えが、「毎月の貯金額を減らす」でした。

2万円減らして、生活費にかけるお金に上乗せすることにしました。
少しお金が増えて気持ちにもほっとしています。

お金が増える速度は鈍ったけれど、「今」が少し自由になったような感じです。生活レベルを上げるわけではなく、1年前に戻す感じです。

毎月の貯金額は減ったけど・・・

今後は私の収入を増やしていくつもりです。
数ヶ月後には、貯金を減らした分を挽回し、前と同じペースかそれ以上の額を貯金できれば良いかと思います。

貯金額は減ったけど、次のステージへの移行期間だと考えれば、前向きな決断だったと考えたい。

もし、貯金がストレスで、家族の雰囲気が悪くなるくらいだったら、「今」をもっと大事に過ごして行きませんか?

★お金の管理・貯蓄の知恵の宝庫です★→ブログ村 家計管理・貯蓄
★株式投資などお金を増やす方法の参考にしています★→にほんブログ村 株ブログ
★役に立つブログがいっぱいあります★→家計管理ランキング♪

★苦手な家事のお手本!★→にほんブログ村 主婦日記ブログ
★節約術、貯金術、家事とお手本の家計簿など★
トラコミュ 主婦のつぶやき&節約&家事etc...
トラコミュ 真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇


スポンサーリンク

お役に立ちましたか?
良かったら「いいね」してね(^^♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク