衝動買いは遺伝する? 恐れていたことが現実になる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

衝動買い

恐れていたことが現実になりました。

先日、ユニクロで渋々購入した子どものコート。1万円以上したのですが、一度も着ておりません。
毎朝、「コート着ないの?」と言うのですが、子どもは「まだ暑いから」と答えて、コートも羽織らずに学校へ通学しています。

一度、もの凄く冷え込んだ朝に、新調したコートを着させたのですが、玄関のドアを開けて外に出る直前に「やっぱいいや」と言って、コートを脱いで行きました。

だから言ったことじゃない。

こうなることはおおよそ想像していました。

前科が何度もあるので。

お店で「コレ良い!!」と思って買ったものの、イザその服を着て出かけようとして躊躇して、一度も袖を通すことなくその季節は終わっていたと言うパターン。

子どもの習性は、おばあちゃん譲り

うちの子と同じパターンを続けている人を良く知っています。

私の母です。

洋服たくさん買ってみたものの、実際に着ることなくタンスに放置。
暫くして、「前に買ったんだけど、あんまり派手だからお前にあげるよ」と言って、母の趣味で買った洋服を何枚押しつけられたか・・・

ファッションには疎い私でも、母親の選んだ洋服は、自分の趣味に合わず、母親に申し訳ないと思いながら、廃品回収行きになりました。

私の母親(子どもの祖母)は衝動的に洋服を購入する癖があります。

以前、私の着物を勝手に購入していたことがありました。

百万円くらいしたようですが、私は着物など欲しくなかったし、第一着物を着て出かけることなど皆無ですから、なぜそんな高いものを衝動買いする気になったのか、未だに謎です。

「こんな高いもの買ってやったのに」と母は言いましたが、私にとってはそんなに高いもの買ってもらわなくて良かったし、第一、買ってあげたことで恩着せがましく言われるならば、迷惑だとすら思いました。

洋服に対するコンプレックス

そうだ、私は洋服に対してもの凄いコンプレックスありました。母親と買い物に行くと、私の選んだ洋服を母親から散々けなされ、母親の好みの洋服しか買ってもらえませんでした。

スポンサーリンク

一人で自分の欲しい洋服を買うことが私の夢でしたが、一人で洋服を購入するようになっても、いつも一緒に母親がそばにいる錯覚に陥っていました。

結局、「これなら母親も喜ぶだろう」という母親好みの洋服を選んで買っていました。

だから、私は何を着たら良いのか?ずっと分からないままで今でも何だかよく分からないから、洋服はほとんど買いません。

必要に迫られて年に数回買いますが、できるだけ目立たないような地味なものばかり選んでいます。

ファッションセンスゼロの母親からの子どもへ願うこと

子どもにはどんどんファッションを楽しんで欲しいと思っております。しかし、最近は子どもにかける洋服費用が想像以上にかさんでいます。私が子どもの着ない洋服やお下がりを着れるようになったら、私が子どもが購入した洋服をがんがん着ます。
若作りと言われてもやっちゃいますよ、10代のファッション。

だから子どもには、いっぱいチャレンジして欲しいですね。

子どもと洋服を共有する生活は、若返りのチャンスになるか??

今から楽しみです。

★お金の管理・貯蓄の知恵の宝庫です★→ブログ村 家計管理・貯蓄
★株式投資などお金を増やす方法の参考にしています★→にほんブログ村 株ブログ
★役に立つブログがいっぱいあります★→家計管理ランキング♪

★苦手な家事のお手本!★→にほんブログ村 主婦日記ブログ
★節約術、貯金術、家事とお手本の家計簿など★
トラコミュ 主婦のつぶやき&節約&家事etc...
トラコミュ 真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

お役に立ちましたらSNSで拡散させて下さい!
ブログを書く励みになります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



ツイッターでフォローしてお金と心と一緒に戯れましょう♪

いち早くお得で楽しい情報をゲット♪

★マネーリテラシーを上げて、お金を自由に使いこなし、一生涯豊かに暮らしませんか?
このブログのご登録をおすすめします★

follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク