給料日前の金欠を防止する具体的な方法とは?毎月快適に余裕をもって過ごすコツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お給料日前の金欠で毎月ピーピーしていませんか?

私は長年この症状に苦しんできました。
特にお給料日前の三連休はキツい。どこにも出かけられず、息を殺して家の中で布団をかぶって寝ている状態。
ホントキツかったです。
独身時代はそれでも良かったです、自分一人だけ我慢すれば良かったので。
しかし、結婚して子どももいるのに「お金がない」状態は対外的に非常にまずいのではないかと焦っておりましたがなかなか改善されず放置されたままでした。

それでも、ここ最近は何かしらの改善はしなくてはと考えて、不用品の販売をして何とかお給料日前まで持ちこたえてきたという感じでした。

お給料日前に金欠になる原因

お給料日前に金欠になる原因として大きかったのが、お給料日直後のお金の使い方でした。

お金を使うのを我慢していた反動で、お金が入るとすぐに気持ちが緩んで不相応な使い方をしていました。

お給料日直後の数日はちょっと贅沢な生活を楽しみ、残りの大部分は貧乏な生活に落ちるというパターン。つかの間の贅沢は、旅行に出た時に財布の紐が緩くなる感覚に近いモノがありました。

時には息抜きも必要で、これはこれで良いと思います。

だけど今のわが家には、数年後の住宅購入という大きなイベントが控えています。あと1年半くらいで1000万円貯めるミッションがあります。

だから少なくともこの1年ちょっとは身を引き締めて生活しなくちゃいけません。

これはこれで、シンプルに生きるトレーニングにもなっていますから生き方の質も向上している実感があります。

そこで考えたのは、1ヶ月のお金の使い方をシステマティックにできないか?

ということです。

お給料日前の金欠を解決する方法

今年に入り、お金を貯める仕組みを作ったのは良かったのですが、お金を使う仕組みを作っていなかったことに気づきました。

お金の使い方については、ちまたにある「袋分け」を試したり、一日に使うお金をカードケースに入れて制限したりしました。

しかし、私には悪しき習性がありました。

それは、「お金を見ると使ってしまう」こと。

目の前に好物のモノがあったら食べたくなる、おなかが空いていなくとも食べてしまう。

それが、目の前の袋の中にお金が入っていたら使ってしまう、ダメな自分が出てしまったのです。

これじゃあいけないと考えてどうしたらよいのか?あれこれここ数ヶ月考えてひらめいた答え。

それは、「これまで月に一度入ってきたお給料日を、4~5週に分散して入金してもらう」こと。

お給料日を週一にしてもらおうと主人に頼もうとしたのですが、それでは主人に負担がかかるし、第一、忘れていたら困ります。

そこで思いついたのが、銀行の自動送金システムを利用する仕組みでした。

銀行の自動送金システムを利用する

一部の銀行の中には、毎月や毎週、決められた日にちなどに決まった口座にお金を自動で送金してくれるシステムがあります。

他銀行への振り込みはお金がかかりますが、中には1ヶ月に数回までなら無料で送金してくれるところもあり、このシステムを使わせてもららいます。

具体的には、三菱東京UFJ銀行にお給料が振り込まれます。

お給料が振り込まれるとすぐに毎月積み立て専用口座の住信銀行に自動積立しています。

スポンサーリンク

また、三菱東京UFJ銀行は、使う専用の口座で、キャッシュカードやデビットカード、引き落としはこの銀行から出ていきます。

住信銀行は、お金を貯めておく専用口座で、簡単にはお金を引き落とせないようにキャッシュカードは作っていません。

この貯めたお金を、再び週に一度、三菱東京UFJ銀行に入金するというシステムです。

住信銀行では、お金を目的別に振り分ける仕組みがあります。

例えば、老後資金用の口座、教育資金用の口座、臨時出費用の口座、生活用の口座などです。

毎週一度、生活用の口座から三菱東京UFJに入金するのです。

複雑で面倒そうなやり方ですが、一度設定してしまえがあとは自動で銀行のシステムがやってくれます。

汚いですが図にするとこんな感じです。

給料日前の金欠

そうすれば、週に一度、使う専用口座にお給料が入る仕組みになるので、毎月お給料日前に金欠になるのは防げます。

ただし、理論上です。

実際にやってみてどうなるかは、実践者の私しか分かりません。

これが私に本当に合う方法なのか?未知数ですがやってみる価値はあると思います。

実践結果はまた後日ご紹介します。

給料日前の金欠の改善方法のまとめ

そもそも問題なのは、少ない限りあるお金を30日間で使うことです。独身時代は、1週間で使い切ってしまうようなお金を30日かけて使うのは非常に高度なスキルが必要です。

メンタルや行動の改善も大事ですが、銀行のシステムを利用してみるのも一つの手段ですね。

工夫と努力で貯めてみせます1000万円。

途中経過はまた報告いたします。

お楽しみに!!

★お金の管理・貯蓄の知恵の宝庫です★→ブログ村 家計管理・貯蓄
★株式投資などお金を増やす方法の参考にしています★→にほんブログ村 株ブログ
★役に立つブログがいっぱいあります★→家計管理ランキング♪

★苦手な家事のお手本!★→にほんブログ村 主婦日記ブログ
★節約術、貯金術、家事とお手本の家計簿など★
トラコミュ 主婦のつぶやき&節約&家事etc...
トラコミュ 真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

お役に立ちましたらSNSで拡散させて下さい!
ブログを書く励みになります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



ツイッターでフォローしてお金と心と一緒に戯れましょう♪

いち早くお得で楽しい情報をゲット♪

★マネーリテラシーを上げて、お金を自由に使いこなし、一生涯豊かに暮らしませんか?
このブログのご登録をおすすめします★

follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク